青梅線沿線のお花見穴場スポット  羽村の堰と多摩川河川敷

DSC_3870

青梅線沿線のお花見穴場スポット 羽村の堰と多摩川河川敷

青梅線沿線のお花見スポットとして、おすすめなのが、青梅線羽村駅にある「羽村の堰」を紹介します。
この時期、「はむら花と水のまつり」が行われており、サクラとチューリップの共演を見ることができます。
また、近くに流れている多摩川河川敷のサクラ並木は、200本のサクラが見事に咲いています。

そろそろ桜のお花見のシーズン。今週の土日はみなさん、お花見を企画されているでしょう。

都内のお花見もいいですが、東京から少し離れた青梅沿線のお花見も素晴らしいと思います。
土日も空いているので、ゆっくりとピクニックシートを敷いてランチもできます。

さくらとチューリップが見どころの羽村の堰の見どころをまとめてみました。

青梅線羽村駅へのアクセス

最寄駅の羽村駅は、東京駅から中央線で1時間30分ぐらいのところにあります。
東京駅から青梅線直通の電車も出ていますが、高尾・八王子行きの電車の場合、途中、立川で青梅線に乗り換えることになります。

青梅特快を利用することで、時間短縮もできるので、是非、時刻表を調べてお出かけください。

Google MaP 青梅線羽村駅

羽村の堰(青梅線 羽村駅徒歩10分)

hamuranoseki

羽村の堰とは、東京都内を流れている玉川上水の取水口として、江戸時代から東京の水ガメを支えていました。
玉川上水は、ここから拝島―三鷹―渋谷を経由して四谷まで流れています。

羽村の堰の地図

アクセス
【徒歩】羽村駅より15分
【コミュニティバスはむらん】羽村駅東口から、「羽村西コース」に乗車し、羽村橋バス停で下車します。

見どころ
羽村の堰の見どころは、何といっても、サクラと水のコラボレーションが美しいところ。
また、多摩川も近いので、奥多摩方面の雄大な山々が大変美しいです。
 
河川敷も広く、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

1503272
「羽村の堰」周辺では、出店も出て、賑やかになります。

はむら花と水のまつり

羽村の堰のもう一つの見どころは、同じ時期に「はむら花と水のまつり」が開催されていることです。

DSC_3891

羽村 はむら花と水のまつり ホームページ

「はむら花と水のまつり」は、前半と後半に分かれています。

前半:「さくらまつり」2015年3月26日~2015年4月12日
後半:「チューリップまつり」2015年4月9日~2015年4月26日

後半の「チューリップまつり」では、「羽村の堰」から少し離れた広大なチューリップ畑でたくさんのチューリップが咲き乱れます。

時期が合えば、サクラとチューリップのコラボレーションが見れ、大変、のどかでゆっくりとした時間を感じるでしょう。

多摩川河川敷でサクラを見ながらランチも

DSC_3870
緑の上でピクニックシートをひいて、ランチも楽しめます。
桜と緑に囲まれたランチは、大変、贅沢な時間を感じます。

青梅線沿線のお花見穴場スポット 羽村の堰と多摩川河川敷 まとめ

いかがでしたでしょうか。
都心から1時間30分程度で到着する「羽村の堰」
都会の喧騒を忘れてゆったりと過ごせ、まさに「桃源郷」のような気分を味わえます。

都心の花見も良いですが、ピクニック感覚で自然を楽しむお花見も良いですね。