ペアーズ(pairs)で婚活を成功!出会いまでの流れ

2015y02m12d_153707179

ペアーズ(pairs)で婚活を成功!出会いまでの流れ

ペアーズ(pairs)は、運営開始わずか2年間で200万人の会員が登録したと言う、話題の婚活サイトです。
Facebookを利用している人であれば、簡単に登録ができるということ、
アダルトコンテンツがなく、女性も安心して利用することができる、
ということで、非常に、口コミ評価の高い、婚活サイトです。

ペアーズ(pairs)のサービス・料金についてはこちらをご参照ください。

そんなペアーズ(pairs)の数ある婚活成功者の体験談を元に、成功に導く出会いまでの流れを徹底解説していきたいと思います。

1 相手に良い印象を与えるプロフォールを書く。

ペアーズ(pairs)に登録して、まずしなければならないのは、「プロフィールを書く」ということです。
ペアーズ(pairs)の場合、500文字で自己紹介文を書くことができます。

プロフォールは、相手がまず最初に見る玄関口。
そのため大切なのは次の2点です。

1 自分のことが相手に伝わるように丁寧に書く。
2 相手に良い印象を残すような内容を書く。

婚活で重視されるのは、まず「人柄」です。

男性は女性に対して、「料理」「家庭らしさ」などの女性らしさを求めます。
女性は男性に対して、「決断力」「誠実さ」「仕事への取り組み方」などの男性らしさを求めます。

お互いに求めているものを、きちんと書くことで、お相手からの反応も格段に異なってきます。

2 現実に即して自分の理想に会った人を検索する。

ペアーズ(pairs)は、様々な条件で検索することができます。
普通にある条件検索や、サイト内に20000個以上あるコミュニティの中から、理想とするお相手を探しましょう。

ここでポイントになるのは次の通りです。

1 居住地が自分の家の近く。

いざ、お互いマッチングして、会ってお話しましょう!となった時、自分の行動範囲内、少なくとも同一県内であれば、スムーズにお話が進むことができます。
そのため、お互いの居住地にこだわった方が良いでしょう。

2 年齢が近い人

年齢が近い人同士であれば、お話の内容も共通点が多く、親しくなりやすいです。
年齢差は上下8歳程度と言われています。
40歳の人が20歳の人にアプローチするなど、年齢がかけ離れている人を対象にしてしまう方がいますが、失敗のもとになってしまします。
できるだけ年齢差が近い人を探したほうが無難です。

3 登録した日が浅い人

登録したての人は、まだ慣れていない、また、他の人と知り合っていないため、大変狙い目です。
できれば、登録日の日の浅い人を選びましょう。

3 気に入っている人に「いいね!」をメッセージをつけて押す。

img_step2

もし検索や、コミュニティで、これは!と思った方がいたら「いいね!」を押しましょう。
その際、メッセージをつけて「いいね!」を押すと、非常に良い印象を残すことができます。

あなたの「いいね!」に対して、お相手が「いいね!ありがとう」と返してきたら、
マッチングが成立し、メッセージのやり取りができます。

img_step3

4 メッセージのやり取りで大切なのは、「相手への気遣い」

いよいよメッセージのやり取りが始まります。
ここでは、いろいろお相手のことを知る機会となります。自分が不安に思ってることをいろいろ聞くと、後々、初デートのときに、役に役に立ちますよ!

また、ペアーズ(pairs)で婚活を成功された人の体験談を聞くと、メッセージに「気遣い」を感じられ、良い印象を持ったと言う方がたくさんいます。

相手への優しさ、
相手への気遣い
を忘れずに、お互いのことを良く知り、やがて信頼感を作り出していきましょう!

ペアーズ(pairs)で婚活を成功!出会いまでの流れ まとめ

いかがでしたでしょうか。
ペアーズ(pairs)は、非常にシンプルなシステムで、お相手探しやマッチングが出来ます。
そのため、お相手とのメッセージのやり取りに集中することができます。

ペアーズ(pairs)で成功するには、できるだけ多くの「いいね!」をもらう必要があります。
そのためには、出来るだけ多く、自分から「いいね!」をしましょう。
そのことで、より出会いの機会が広がっていますよ!

ペアーズ(pairs)の登録はこちらより

今、最も出会い率の高いと言われ、圧倒的な人気を誇る定額制出会い系サイト ペアーズ(pairs)は、本当に楽しい出会い系サイトだと言えるでしょう。
楽しみながら、きちんとした人を探したいと言う方は、おすすめです。

ペアーズ(pairs)の公式サイトは下のリンクから見ることができます↓
Facebookで恋活・婚活【pairs】