アラフォー セックスレス原因の60%以上は男性側にある?!

203ea1d9b19766b04dfb84cb4ae3b807_m

アラフォー セックスレス原因の60%以上は男性側にある?!

近年、セックスレスの夫婦が増加し離婚にまで発展するという、社会問題にまでなってきています。
政府の調査では40%の夫婦がセックスレスにあるというデーターも出ており、少子化の原因にもなっています。

あるメンタルクリニックでは、多くのセックスレスに悩む男性の治療に当たっていますが、その原因の半分以上が男性側に原因があると言っています。
 
風俗業界が常にバブルの状態でありながら、且つ、AVや性犯罪の絶えない現代、男性の性に対する衝動はまだまだ衰えていないと思いますが、夫婦間のセックスレスの原因の大半が男性側にあるとは、一体どう言うことでしょうか。

以下、解説していきます。

男性の原因で最も多いのは『性嫌悪症』

セックルレスの原因で最も多いのは、男性の「性嫌悪症」と言われています。

「性嫌悪症」とは文字通り、性的な接触や、性的なムードを極端に嫌う心の病です。

「性嫌悪症」は、10年前は女性特有の病気ですが、最近は男性のほうが多くなってきており、奥さんに触られただけで嫌悪感を持ってしまうというケースもあるそうです。

この男性の「性嫌悪症」ですが、実は、マスターベーションや風俗には興味持てるので、性欲自体は正常。「妻とだけ性嫌悪症」で、他の方なら正常な性欲を発揮できるんです。 

「妻だけED」
とよくネットで言われますが、なぜ、「妻だけED」になってしまっているのでしょうか。

男性の『性嫌悪症』の原因は出産が原因?!

男性の『性嫌悪症』の原因は、いくつかあります。
そのうちの一つは、「心因性」のもので、仕事の疲れやストレスが原因となっているものです。

そして、もう一つが、「出産後の夫婦間の変化」と言われるものです。

出産後、これまで、夫と妻の二人だけの関係でしたが、子供ができて、「父-母」へ立場が変化していきます。

自分の奥さんが、母親の存在になってしまい、母親とセックスしたいと思わないように、自分の奥さんに対しても同じような肉親愛をいだき、セックスができなくなってしまいます。

そのため、男性の「性嫌悪症」によるセックスレスを治すためには、以前のような妻と夫という関係に戻る必要があるのです。
また、子どもがない家庭でも、妻が妹や姉に変化していくというパターンもあります。

男性の『性嫌悪症』を治すには

原因がこのような、夫婦間の関係の変化になるのであれば、

昔のような夫と妻、または、恋人のような関係に戻れば、『性嫌悪症』も治る

と言われています。

例えば、たまには子どもを預けて、映画やショッピングを楽しむとか、夫婦間の会話を楽しむというだけでも、良いそうです。
 
『性嫌悪症』はいわば心の病です。そのため治療をすることで改善できるので、心当たりがある方は、是非、夫婦の時間を共有し、症状を改善していきましょう。