モラルハラスメントを受けてしまった時の5つの対策

064bd7b864787bebd45eacef13b7e3e9_m

モラルハラスメントを受けて締まった時の5つの対策

最近、メディアをにぎわせているモラルハラスメント。夫婦間だけでなく、恋人・職場などでもモラルハラスメントは起こりえます。
 
モラルハラスメントは、加害者の巧みな心理的な策略によって行われるものなので、被害者も「自分がモラルハラスメント」を受けていると思わず、「このような事をされるのは自分が悪い」と思ってしまいます。

しかし、モラルハラスメントは「精神的な犯罪」で、100%加害者に非があります。

モラルハラスメントを受けていると感じた方のために、対策をまとめてみました。

■モラルハラスメント関連記事■
・モラルハラスメントとは?あなたは本当は悪くない!
・モラルハラスメントの加害者の心理
・モラルハラスメントを受けてしまった時の対策

1 しっかりと自己主張をして境界線を引く。

モラルハラスメントは、強く自己主張できない、自分のいいなりになる人をターゲットにします。

そのため、はい/いいえをはっきりし、不快なこと、やりたくないことにしっかり境界線を引きくことで防ぐことができます。

「不快になっていうので、そう言ったことは二度と言わないの欲しい」
「自分を馬鹿にしたような発言や言動をやめてもらえないと、一緒に付き合うことはできない」

何を言っても逆らったりしない、別れたりできないと軽く見られないようにしましょう。
また、始めから下僕にならないように、自分勝手な頼み事や要求は断ってください。

2 逃げる。

すでにターゲットになってしまい、自分より下位に見られている場合は、もはや手遅れです。
「逃げる」の一手しかありません。

モラルハラスメントの加害者は、「自己愛性人格障害」は脳の病気で、本人が自覚して治さないと治るものではないのです。

そのため、劣等感を植え付けられて人格を破壊される前に逃げてください。
夫婦では離婚・別居、恋人では別れるなどの選択肢があると思います。

3 表面的な付き合いをする

逃げられない場合は、極力接する時間を少なくして、最低限の関りのみにするというのも対策の1つです。

・感情的にならず、心理的な距離を取る。
・言いがかりをつけられても相手の挑発に乗らない
・反論・弁解しない。感情を動かさず、黙っていること
・弱みを恥とせず、堂々としていること
・理解してもらおう、心を通い合わせようなどと無駄な努力をしない

上記の対応も有効ですが、自分自身に「我慢」しなければなりません。
大変、ストレスがたまることだと思います。

4 おだてる

モラルハラスメントの加害者は自分の優位性を脅かす人間を攻撃します。

職場の上司がモラルハラスメントの加害者である場合、「おだてる」のも有効な手段です。

しかし、職場の友人や同僚に「おだてる」と調子に乗ってくるので、かえって状況は悪化します。

「おだてる」効果は、その場しのぎの対策であり、長期的には逆効果になる恐れがあるので注意してください。

5 冷たくする

自分に逆らったり逃げたりしないと思われると、モラルハラスメントは悪化します。

また、加害者はターゲットにから嫌われたくないという気持ちもあるため、冷たくすると「機嫌を取る」など、一時的に攻撃が止むことがあります。

また、反撃に弱いため、「逆ギレ」することでターゲットから外れることもあります。

モラルハラスメントを受けて締まった時の5つの対策 まとめ

いかがでしょうか。
モラルハラスメントの加害者は、自分にコンプレックスや劣等感をもっている「自己愛性人格障害」という脳の病です。
そのため、自分が被害者になってしまったときは、もはや手遅れで「逃げる」という手段しか有効な手立てがありません。

しかし、日頃より「自己主張をしっかりする」「相手になめられない」という対応を取ることで、ターゲットから外れるという手段もあります。
 
現在社会は、多種多様な個性を持った人が集まっている社会です。

自分もいつなんどき、モラルハラスメントの被害者になるか分かりません。
そのためにも、日頃より、相手と友好関係を築きつつ、きちんとした自己主張ができるようにしていきたいものです。