リオデジャネイロオリンピック 金メダリスト動画まとめ

sty1606150004-f1
8月26日に閉幕した2016年リオデジャネイロオリンピック。日本の金メダルは12個でした。
リオオリンピックで金メダルを獲得した選手の動画をまとめてみました。

リオオリンピック 金メダルをとった日本人の動画

リオオリンピック メダルを獲得した日本人(金メダル)

水泳・競泳

男子 400m個人メドレー 萩野 公介
女子 200m平泳ぎ 金藤 理絵

体操・体操競技

男子 団体 内村 航平、加藤 凌平、山室 光史、田中 佑典、白井 健三
男子 個人総合 内村 航平

レスリング

女子フリースタイル 48kg級 登坂 絵莉
女子フリースタイル 58kg級 伊調 馨
女子フリースタイル 63kg級 川井 梨紗子
女子フリースタイル 69kg級 土性 沙羅

柔道

男子73kg級 大野 将平
男子90kg級 ベイカー 茉秋
女子70kg級 田知本 遥

バドミントン

女子ダブルス 髙橋 礼華、松友 美佐紀

金メダルを取った日本人の活躍はどれも素晴らしいものばかりでした。
特に印象的だったのは、日本体操男子・レスリングなどが記憶に残っています。
チームで一丸となって頑張る姿は、素晴らしいですね。

ちなみに、前回の2012年ロンドンオリンピックの金メダリストは次のとおり

ロンドンオリンピック 金メダリスト(日本人)

ボクシング 男子ミドル75kg級 村田 諒太
体操・体操競技 男子個人総合 内村 航平
レスリング 女子フリースタイル48kg級 小原 日登美
女子フリースタイル63kg級 伊調 馨
女子フリースタイル55kg級 吉田 沙保里
男子フリースタイル66kg級 米満 達弘
柔道 女子57kg級 松本 薫

ロンドンオリンピックでは7個の金メダルを獲得しました。
リオオリンピックでは、その2倍の14個の金メダルを取得するのが目標だったようです。
4年後の東京オリンピックに向けて全種目とも選手強化にあたったのが、今回のメダルラッシュの要因でした。

東京オリンピックの金メダル目標は25から30個

更に4年後の東京オリンピックでは、「全33競技でメダルを獲得することが最低限の目標」(橋本聖子選手団長)であり、更に金メダルの数は世界3位の25~30個以上と目標としているようです。

当然、そうなると各競技とも選手強化のための「お金」(強化費)が必要になってきます。
この強化費の配分がメダル獲得の鍵を握っているといっても過言ではないでしょう。

オリンピックは「参加することに意義がある」とは、第4回ロンドンオリンピック(1908)の陸上競技の際、当時IOCの会長だったクーベルタンの言葉です。
メダル獲得を目的とした選手強化とは、だいぶかけ離れてしまっているように思えてなりません。