北陸新幹線で行く黒部峡谷の旅まとめ

kurobe

北陸新幹線で行く黒部峡谷の旅まとめ

北陸新幹線の開業で、歓迎ムードで湧く金沢・富山ですが、特に、黒部峡谷周辺の旅館や民宿は昨年の3倍の旅行客がきているそうです。
 
黒部峡谷は、日本の秘境100選にも選ばれ、大自然に囲まれた風景は、これからの季節にぴったりです。
新しい北陸新幹線にのって、大自然豊かな黒部峡谷でゆっくり時間を満喫してみませんか。

黒部峡谷のガイドマップについてまとめてみました。


 

黒部峡谷とは?

kurobe2

黒部峡谷は、富山県を流れる黒部川の中流から上流にある極めて大規模な渓谷です。
国の特別天然記念物(天然保護区域)・特別名勝指定され、中部山岳国立公園に含まれています。

また、日本三大渓谷の1つであり、日本の秘境百選の1つに上げられています。

Wikipedia参照

一帯は、古くから人の立ち入れを拒み、江戸時代では加賀藩も立ち入りを禁止し、豊かな自然がそのまま残っています。
また、周辺には、宇奈月温泉を始め黒薙温泉、鐘釣温泉など温泉地が点在しており、それらをつなぐ黒部峡谷鉄道が旅行者の足となっています。

黒部峡谷は、このような温泉やハイキングなどで、新緑や紅葉の大自然を堪能できるスポットとなっています。

kurobe3

また黒部峡谷の足となる、黒部峡谷鉄道の車両は、通称「トロッコ電車」と呼ばれ、大自然の中をのんびりと走っています。

黒部峡谷ガイドマップ
黒部峡谷鉄道ホームページ
グーグルマップ

東京から黒部峡谷までのアクセス

東京から黒部峡谷までのアクセスは次のとおりです。

東京-黒部宇奈月温泉:北陸新幹線 2時間半ぐらい
黒部宇菜月-宇菜月温泉:富山地方本線 1時間ぐらい

宇菜月温泉から更に奥の黒薙温泉や鐘釣温泉まで足を延ばしても良いでしょう。

東京から4時間ぐらいで到着することができます。

黒部峡谷の口コミ
実際に黒部峡谷に行ってみた人の口コミをまとめてみました。
是非、御参考下さい。

トロッコ電車は、一度乗る価値があると思います。できれば普通車の方がトロッコ電車らしくて、また、黒部の空気を感じることができるのでお勧めです。ただし、夏でも結構寒いので注意が必要です。お子さんにもお勧めです。終点の欅平では温泉と散策も楽しめます。

深いV字峡谷を縫うように走る、小さなトロッコ電車。手つかずの大自然にふれる旅
子連れにも温泉旅行のついでにもオススメです。

友達と宇奈月温泉に泊まって、翌日から黒部峡谷鉄道の乗り込みました。トロッコに乗るのは初めてでしたが、窓から入ってくる風がすがすがしく感じられ、黒部川の流れを横に下にと見ながら進める景色は時を忘れます。上へと進むと寒く感じるので上に羽織るものを忘れずに!!散策をしながら川の澄んだ水・緑・青い空!!行ったときが、天気が良くいい旅が出来ました。

参考:じゃらん 黒部峡谷口コミ

北陸新幹線で行く黒部峡谷 まとめ

北陸新幹線が富山・金沢まで新延となり、黒部峡谷へのアクセスも便利になりました。
東京から4時間ぐらいで行ける距離なので、午前中に出発し、午後到着するもの良いでしょう。
また、ゆっくりと午後に東京を出て、その日は、宇奈月温泉で宿泊、翌日は、黒部峡谷巡りというプランも良いと思います。
 
ファミリーでも、カップルでも楽しめるコースなので、新緑豊かな黒部峡谷を是非、堪能してみてはいかがでしょうか。