北陸新幹線のE7系・W7系基礎知識を分かりやすく解説!

af4ea83a9114184777aecdf9d45a2450

北陸新幹線のE7系・W7系基礎知識

2015年3月14日に開通する北陸新幹線に導入されたE7系・W7系の基礎知識を分かりやすく解説しています。
 
今月開通する北陸新幹線。
 
青とゴールドのラインの新型新幹線が、テレビやメディアで盛んに話題になっています。
我が家のもうじき2歳になる子どもも、大ヒーバー!

北陸新幹線の歴史や車両の性能をまとめてみました。

 

北陸新幹線の車両はE7系・W7系の2種類ある

北陸新幹線の車両はE7系とW7系の2種類があります。
これらは、ほぼ同じ仕様であると公表されています。

E7系はJR東日本(E)、W7系はJR西日本が所有しており、East・Westの頭文字をとって、E7系、W7系と表記しています。

新幹線E7系の導入の歴史

2012年9月
2015年3月14日に予定されている北陸新幹線富山・金沢新延開業に向けて、JR東日本・西日本が共同開発・導入を公式発表しました。

2014年3月15日
E7系は北陸新幹線開業に先立ち長野新幹線として投入。
東京-長野間の「あさま」として営業を開始しています。

新幹線E7系/W7系のデザイン キーワードは”和”

 
main_img首都圏と北陸の伝統文化と未来をつなぐという意味から、「”和”の未来」を車両のコンセプトとしています。
デザインの監修は、日本人で初めてフェラーリをデザインした奥山清行氏が監修し、2014年度グッドデザイン賞を受賞しています。

外観デザインは、高速走行するための造形と日本の伝統的な色遣いをして、沿線の風景との融合、スピード感と精悍さを表現しました。
車体上部色が空色、車体色がアイボリーホワイト、車体中央の帯色が銅色(カッパー)および空色で塗装されています。

先頭形状は、E5系やE6系のロングノーズではなく、むしろE2系のような短い鼻をしています。
環境性能を考え空気力学的な最適形状にデザインされています。

まさに、日本の伝統を表現しつつし、最も機能美を追求したデザインになっています。

新幹線E7系/W7系の機能 営業最高速度は260km/h

e7_02 
営業最高速度は260km/hで、東北新幹線の275km/hには及ばないものの、設計最高速度は275km/hで同じ速度がでます。

また、北陸新幹線は30‰勾配区間の厳しい山岳地帯を走行したり、また電源周波数の変化(50/60Hz)など、車両には条件の厳しい線区となっています。

そのため、ブレーキ性能を向上させたり50/60Hzの両方に対応したシステム構成をしています。

新幹線E7系/W7系の機能 3種類の座席

北陸新幹線E7系/W7系には3つの座席シートが用意されています。

グランクラス

e7_03コンセプト”高め合う和”
伝統を感じる空間と先進の機能を持つシートがお互いを高めあうことで、居心地の良いゆとりある空間を表現。
 

  

グリーン車

e7_04コンセプト”和風の和”
日本の伝統的な様式美とモダンな感覚とをアレンジすることで、落ち着きや気品を表現。
 
 

 

普通車

e7_05コンセプト”集う和”
旅への期待やワクワク、相反するシックで大人の雰囲気を共存させることをコンセプトにして、
座り心地および腰部ホールド感向上のため、ゆったりとくつろげるリクライニング機構を採用しています。
 

新幹線E7系/W7系 まとめ

いかがでしたでしょうか。
今まで遠かった金沢-東京間が2時間30分で行けるようになりました。
これから、春の行楽シーズンが始まりますね!

金沢の美味しい食べ物を食べに行きたくなりました。
 

スポンサーリンク