東京消防出初式に行ってきました!行き方、見どころなどのお出かけ情報を解説します。

20180106_024445730_iOS

東京消防出初式に行ってきました!行き方、見どころなどのお出かけ情報を解説します。

東京出初式は、東京消防庁が主催し、東京を火災から守る都内全ての消防団が集まり、消防車両の行進、消火救助演技、江戸時代のはしご乗りなどを披露するお正月恒例の「防火・防災行事」です。
東京消防出初式は、毎年1月6日に国際展示場(ビックサイト)で行われ、毎年多数の来場者を見込んでいるお正月のビックイベントといえるでしょう。

特に、はしご車・ポンプ車を初めいろいろな消防車の行進、ハイパーレスキュー隊による消火救助演技など、小さな子供が大喜びするイベントが盛りだくさん。
私も4歳の子供を連れて行きましたが、大変、喜んで見ていました。小さなお子さんがいるご家庭におすすめのイベントだと思います。

「東京消防出初式」の見どころ、行き方、など来年は行ってみたいと思っている方のために解説します。

出初め式とは?

全国各地でお正月に行われる出初式。そもそも、出初式とは一体何でしょうか。

出初式とは、次のようなもののようです。

出初式(でぞめしき、出初め式)とは、日本の消防関係者により1月初旬に行われる、仕事始めの行事である。消防出初式(しょうぼうでぞめしき、消防出初め式)とも呼ばれる。新春恒例行事の一つであり、「出初式」は新年の季語となっている
同種のものとして、警察の「年頭出動訓練」(警視庁では「年頭部隊出動訓練」)がある。
出典 ウキペディア

言うなれば、消防関係者の仕事初めであり、期限は江戸時代にさかのぼるそうです。
火事が多かった江戸時代、消防の役割は大きく年初めに、このような儀式をすることで防火意識を高めていったのでしょう。

東京消防出初式の見どころ

東京消防出初式とは

東京消防出初式は、東京都の内部機関「東京消防庁」が主催し、都内全域の消防車両や隊員たちがイベントに参加しています。

イベントは、大きく分けて2つあり、
ビックサイト内での消防車両の展示
ビックサイト外の式典での車両のパレード、音楽隊の行進、ハイパーレスキュー隊による消防演技などのイベント

に分かれています。

イベントの詳しい内容は専用のホームページでリーフレットがダウンロードできるので参考にしてください。
「東京消防出初式」リーフレット

また、イベントの模様については、YouTobeで「東京消防出初式」と検索すると、当日の様子が動画で見ることが出来ます。

それでは、出初式の見どころを見ていきましょう。

会場は東京ビックサイト

東京ビックサイト画像

東京ビックサイト画像


東京消防出初式は東京ビックサイトで行われます。

もちろん消防訓練などの演技は建物の外で行われますが、見学を希望されるすべての方は所定の観覧席で見なければいけません。

また閲覧席は指定席と自由席にわかれており、全てビックサイト内の受付を通って観覧席に行かなければなりません。

東京ビックサイトの最寄り駅は、
東京臨海新交通ゆりかもめ・・・国際展示場正門駅
東京臨海高速鉄道りんかい線・・国際展示場駅

です。

そこらか東京ビックサイトの建物の中にある受付を目指して歩かなければなりません。
2018年の場合は東ホールに受付と入場ゲートがありました。

9:00~10:30オープニングパレード・開会式

東京消防出初式

東京消防出初式 画像


9:00から10:30ぐらいまでは、オープニングパレードを初め、開会式などがあります。
その後、消防庁の偉い人や、都知事などが続きます。
この間は、みなさん直立不動でお話を聞いている時間なので、小さい子供さんにとっては、かなり退屈な時間になってしまうかも知れません。

10:30~11:00 パレード

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像


音楽隊の演奏パレードや、消防隊員による行進などがあります。

11:00 機械部隊行進

東京都内で活躍する消防車がパレードします。いよいよここから盛り上がってきます!

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像


東京消防庁のトップ消防総監を載せた車を先頭に続々と各車両が行進していきます。

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像


消防車の定番、ポンプ車です。

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像


救急車も行進していきます。

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像


消防車の中の花形存在、はしご車のパレードです。子どもも興奮してみていました。

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像


後方の病室が横に広がるスーパーアンビュラスも登場!

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像


消防車両が一通り過ぎ去った後、空から消防ヘリコプターがご挨拶。

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像


会場の消防艇も登場です。

11時10分 木遣り行進 はしご乗り演技

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像

消防車の興奮を冷めやらぬうちに、次は江戸時代の「まとい」を持った人たちが登場です。
江戸消防記念会の皆さんが、江戸時代から伝わるはしご乗りを披露しました。結構、高い場所から危ない格好で乗っています。
「江戸の町火消の心意気」みたいな熱いものが伝わってきます。

11:20 消防演技

会場には4つの建物があり、それぞれのブースでハイパーレスキューによる消防・救助作業が行われます。
子どもたちにとってみれば、「待ちに待った」といったところでしょうか。
東京を襲った大震災を想定して行われていたようです。

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像


2本の腕を持った重機が瓦礫から要救助者を救出しています。

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像


高いビルが火災に巻き込まれ、ヘリコプターからハイパーレスキュー隊が降下。要救助者を助けています。
また高いビルから消防士たちが綱を伝って降りるのを見ることが出来ました。

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像


本番さながらに炎を消しています。

11:45フィナーレ・一斉放水

出初式も早くもフィナーレ。はしご車や消防艇、ヘリコプターから放水がされます。
青い正月の空に虹がきれいでした。

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像

東京消防出初式 画像

以上が東京出初式の流れです。開会式終了以後、消防車のパレードから一斉放水まで1時間ちょっと。

各パートとの間は休みがなくスムーズに進行するため、私の子供も集中してみることができました。
時間としてはちょういい時間ではないでしょうか。

子どもは目の前に実物の消防車が動き大喜びですが、大人も次から次へと進められるイベントに熱中することができ良いイベントだったと思います。
当日の模様はNHKでも放送していますが、やっぱりテレビより実物の方が迫力がありますね。

東京消防出初式の行き方・アクセス方法

東京消防出初式の見どころはいかがだったでしょうか。
「正月の寒い日にわざわざビックサイトまで・・・」という声もあると思いますが、実は最寄り駅の東京新交通臨海線「国際展示場」は埼京線と接続しているので、新宿まで出れば意外とアクセスも良いです。

新宿から埼京線で新木場行きに乗れば、25分ぐらい。
乗り換えもないので非常に便利です。

当日の朝は、8時30分ごろに新木場行きに乗りましたが、それ程、混雑することもなく座ることができました。

東京消防出初式の閲覧方法

東京消防出初式は、来場者の混乱を避けるため指定席と自由席があります。

指定席は抽選になっています。東京消防庁のホームページに記載方法が掲載されるので希望される方は参考にされてください。

ただ、指定席の場合は、当日、はがきと指定席券の引換が必要です。引換時間は8時30分から9時30分までで意外と早くに締め切ってしまいます。

東京消防出初式に、気合を入れて見たい!という方は是非、指定席券が便利でしょう。

一方、自由席は、当日用の席として椅子席、立ち見席合わせて4000席があります。

自由席も整理券を配っていますので、それを受け取ってから入場できます。

自由席は立見席と椅子席がありますが、椅子席が断然、便利だと思います。
パレードも含めて、約2時間、立見席だと辛いものがあります。また、小さいお子さんがいると、抱っこしたり肩車をしないとみることが出来ません。
できれば、椅子席で見せて上げたいものです。

入場料金はもちろん無料です!

9時30分以降であれば指定席券のキャンセル待ちが利用できる。

私が利用したのは、指定席券のキャンセル待ちでできた席でした。
指定席は9時30分までに来ないと交換できません。それ以降は、当日の自由席に割り振られます。

これが意外と便利で、開会式は9時30分から始まりますが、その間、お偉いさんたちのご挨拶があり、子どもにしてはちょっと退屈な時間です。

30分ぐらい並んで待つことになりますが、建物の中も暖房もきいて風のない中で待てるので安心です。

キャンセル待ちなので、人数が埋まってしまうと入れませんが、結構、席は空いていました。

私の場合、9時15分ごろから並び、余裕で椅子席を確保。10時を過ぎても、まだ空いていたので、それ程、心配はないのかな?と思っています。

東京消防出初式 屋内展示

20180106_035307594_iOS
東京消防出初式が終わった後は、屋内展示をゆっくり見ることが出来ます。

消防車両がたくさん展示されていて、それぞれ乗ることが出来ます。子どもは大喜びですね。

自動販売機や食べ物やも出ているので、お昼はそこで買って食べることもできます。

やきそば500円だったので、普通の値段ですね。

また、ステージでは、アニメ「ドライブヘッド」ショーもやっていました。

テレビアニメは終わってしまいましたが、8月に映画が公開されるので子どもたちのファンも多かったです。

東京消防出初式に行ってきました!行き方、見どころなどのお出かけ情報 まとめ

東京消防出初式は、毎年、1月6日前後に行われる東京都の恒例行事です。

東京消防庁が主催しているので、東京都内で活躍する消防隊員や消防車が一堂に会する機会といえ、東京都内では最大級の消防イベントといえるのではないでしょうか。

ポンプ車やはしご車などの消防車が一斉に行進する様子は、非常に迫力があり、また、ハイパーレスキュー隊による消火・救助活動は見ごたえがあります。

大人も感動しましたが、一番、喜ぶのは子供ですね。

私の子供も4歳になりますが、目の前に通りすぎる消防車両の行進に目を奪われていました。

大人も子供も大喜びのイベントだったと思います。

運営は消防署の人たちがやっていたようですが、交通誘導や場内整理などきびきび動きさすがだなと思いました。

また、案内も非常に親切だったことが印象的です。

冬休みの子どもとの思い出づくりにおすすめのイベントだと思いました。