サラサグランド 替え芯情報 メーカー純正と他社互換リフィール

sarasag_b

サラサグランド 替え芯情報 メーカー純正と他社互換リフィール

ゼブラのサラサを愛用しているなら是非、使ってほしいサラサグランド。なぜならサラサクリップの替え芯(リフィール)がそのまま使えるからです。

替え芯の種類も豊富。0.3から1.0㎜まで、色も黒・赤・青・ブルーブラックの中から選ぶことが出来ます。

気軽にガリガリ使えて、且つ、ちょっと高級な文具が欲しい、そんな方にピッタリのボールペンではないでしょうか。

限定色も11月8日より発売されるので、是非、チェックしてみてください。

サラサクリップの替え芯情報についてまとめました。
 

サラサグランド 替え芯情報 メーカー純正

サラサグランド 初期仕様 JF-0.4 or JF-0.5

zeburaakesin
サラサグランドの最初に入っている替え芯(リフィール)は、JF-0.4 もしくはJF-05です。

これらは、サラサクリップの替え芯なので手軽に買うことが出来ます。

しかもサラサクリップは人気の定番商品。置いていない文具屋はまずないといってもいいでしょう。

また、会社の事務用品のストックにもある場合があります。とにかく替え芯には困りません。

インターネットでわざわざ送料をかけて、買いだめする必要はないでしょう。

色は、黒・赤・青・ブルーブラックあります。初期仕様は黒ですが、好みによって他の色に変更することも可能です。

定価は80円(税抜)。インク切れも心配なくガンガン書きまくれる金額だと思います。

AMAZON 購入サイトは下のリンクをクリックしてください。
(※AMAZONでは、5本パックの他、1本単体での販売、10本パックも販売しています。)
●JF-0.4替え芯(リフィール)

ゼブラ ジェルボールペン替芯 JF-0.4 黒 RJF4-BK 【5本】
ゼブラ ジェルボールペン替芯 JF-0.4 青 RJF4-BL 【5本】
ゼブラ ジェルボールペン替芯 JF-0.4 赤 RJF4-R 【5本】
ゼブラ ジェルボールペン替芯 JF-0.4 ブルーブラック RJF4-FB 【5本】

●JF-0.5替え芯(リフィール)

ゼブラ ジェルボールペン替芯 JF-0.5 黒 RJF5-BK 【5本】
ゼブラ ジェルボールペン替芯 JF-0.5 青 RJF5-BL 【5本】
ゼブラ ジェルボールペン替芯 JF-0.5 赤 RJF5-R 【5本】
ゼブラ ジェルボールペン替芯 JF-0.5 ブルーブラック RJF5-FB 【5本】

サラサグランド メーカー純正で利用できる替え芯リフィール

サラサのJFシリーズは、0.4mm、0.5mmの他に、0.3㎜、0.7mm、1.0mmのリフィールが販売されています。

さらにサラサクリップは46色出ていますので、自分の好きな色を入れることも可能です。

例えば今年発売されたサラサクリップのビンテージカラーのリフィルも利用できるので、これまでの黒一色の使い方をさらに広げることができます。

main

サラサグランド 他社リフィール情報

サラサグランドの替え芯 JFシリーズのサイズは、全長111.1mm×最大径6.1mm

なので、このサイズと同じぐらいの替え芯であれば、普通に使うことが出来ます。

私が確認した中で、三菱鉛筆ジェットストリームの替え芯が普通に利用することができました。

三菱鉛筆ジェットストリーム替え芯(リフィール)SXR-38  SXR-5  SXR-7 

三菱鉛筆ジェットストリームは、油性ボールペンでありながらサラサラかける(低粘度)のインクで、サラサクリップと1,2位を争う人気のボールペンです。

そのため、サラサの替え芯をわざわざジェットストリームの替え芯に変えるという人もいるかもしれません。

サラサグランドに使えるジェットストームの替え芯は、次のとおりです。

SXR-38  SXR-5  SXR-7

jetstrea,

定価は100円(税抜)

これも普通に文房具屋で売っているものなので、入手は困らないでしょう。

サラサグランド 替え芯情報 まとめ

ゼブラ サラサグランドの替え芯情報をまとめました。

サラサグランドは、人気ゲルインクボールペン、サラサクリップの高級仕様となっています。

サラサクリップの愛用者は是非、1本は持っておきたいもの。

替え芯も困ることはなく、しかも80円で購入することができます。下手な外国製の文具よりもはるかにコストパフォーマンスが高いボールペンといえるでしょう。
 
また、豊富な替え芯は、減りを気にすることなくガリガリと書くことが出来ます。

サラサグランドは、コレクションとして飾っておくのではなく、道具本来の「書いてこそ生きる」ボールペンだと思います。
 
是非、書きまくりたいボールペンの1つとなりました。