横田基地 日米友好祭に行き方ガイド2016 子連れで毎年参加してます!

横田基地 日米友好祭

横田基地 日米友好祭

横田基地 日米友好祭に行き方ガイド2016 毎年、子連れで実際に参加している私が行き方や見どころを徹底解説!

今年も横田基地友好祭が行われます。日程は、2016年9月17日(土)と18日(日)の2日間。
例年8月下旬に行われていましたが年々、暑さを避けるように遅くなっているような気がします。
会場はとにかく広くて日影がないので、さすがに暑いです。また、会場の訪問者も大変多く、混雑が予想されます。
私は、家が近所ということもあり、毎年参加していますが、中には遠方からいらっしゃる方や、小さな子ども連れの方もいると思います。
そんな方のために、横田基地日米友好祭の行き方ガイドを解説します。

昨年の状況はこちら↓
参考サイト「横田基地の日米友好祭2015行き方と会場の楽しみ方を丁寧にガイドします。」

横田基地 日米友好祭の注意点

当日の注意点としては次の通りです。

とにかく暑い!日影がない→暑さ対策は絶対に必要です。

横田基地日米友好祭

横田基地日米友好祭


毎年、当日は大変暑い残暑が予想されます。また、基地内はただっぴろく日影がありません。
そのため、帽子・日傘などの熱中症対策は必須です!
飲み物を販売している売店もありますが、1か所に固まっているため、見学中は気軽に買いに行くことができません。
飲み物などの水分は事前に用意しましょう。

当日は来場者数が多い

横田基地日米友好祭

横田基地日米友好祭


当日は10万人ぐらいの来場者があるそうです。
入り口付近、出口付近は大変混雑しています。
基地に入るためには、国道16号線を渡らなければらなず、信号待ちのため入場・退場はかなり渋滞します。
およそ1時間ぐらいかかると思って覚悟しておいた方がよいでしょう。
会場内に入れば、渋滞は解消されいろいろ歩き回ることができます。

とにかく広い!

20150920_050708182_iOS
会場内はとにかく広いです。そのため、迷子になりやすいです。
私も昨年は実家の父母と一緒に見に行きましたが、余裕ではぐれました。
大人同士でも必ず携帯電話は必須です。

小さい子供さんは、常に目を離さないようにしましょう。
ベビーカーがあれば安心です。

免許証がないと入れない?

日米交流祭のホームページでは、免許証やパスポートなども身分証明書がないと入場出来ない旨、記載があります。
確かに入り口では一人一人に持ち物検査をしていますが、一度も提示されたことはありません。
ただ国籍によっては入場できない国籍もあるので、国籍確認をする場合もあります。必ず持参していった方が無難ですね。

横田基地日米友好祭 小さい子供連れでも大丈夫?

20150920_015908501_iOS
当日は暑くて人も多いので、小さい子供さんがいる方はちょっと心配かもしれません。
私の場合は子供が1歳の頃からずっと連れていっていたので、全く問題ないと思っています。

授乳やオムツを変える場所もあるし、迷子や熱中症さえ気をつければ全く問題ありません。
もし困ったことがあっても、スタッフにお願いすれば気持ちよく対応してくれます。

スタッフはもちろん、アメリカ人です。
でも皆さん、親切に対応してくれますよ!

横田基地日米友好祭 自動車で行っても大丈夫?

横田基地周辺では駐車場はあります。
通常のコインパーキングの他、近隣の店舗の空きスペースを利用した当日のみの駐車場も散在しています。
ただ、4時間で2000円なので割高です。また空いているかどうか、どこにあるのかは体系だった情報がないので分からないというのが実情です。
そのため、自動車よりも交通機関で行くことがおすすめです。
基地内に自転車置き場があるので、自転車で行くというのもありかも知れません。

横田基地の行き方(牛浜駅から横田基地第5ゲートまで)

20150920_011038601_iOS
横田基地の最寄り駅は、JR青梅線牛浜駅になります。
中央線の場合は、立川から青梅線に乗り換えることになります。
また青梅線は拝島駅でも乗換することができます。西武線沿線の方は拝島乗換が便利かもしれません。

牛浜駅下車後、徒歩で横田基地第5ゲートに行くことになります。
牛浜駅から横田基地第5ゲートはおよそ800m。通常であれば10分程度で到着することができます。

しかし当日は30分程度かかります。
その理由とて横田基地入り口では一人一人の持ち物検査をしているからです。
また16号線の信号待ちもあります。

そのため入場者の行列が横田基地入り口から牛浜駅まで伸びています。

yokota
この行列に並ぶために、赤の矢印に沿って歩くとスムーズに行列の後ろに並ぶことができます。
(青の点線のように歩いてしまうと、列の途中から並ぶことになるため、行列の一番後ろまで下がらないといけません)
行列の後方から最終的に横田基地に入るまで30分以上かかってしまいます。
その間、日陰のない歩道の上をダラダラと歩くので、暑さ対策には気をつけましょう。
小さなお子さんの場合は、ずっと歩かなければならないのでベビーカーは必須です。

30分ぐらい歩くとようやく横田基地の入り口ゲートに入ることができます。

横田基地第5ゲート

横田基地第5ゲート

横田基地ゲート

横田基地ゲート

横田基地 日米交流祭のみどころ

横田基地の日米交流祭の見どころは、何といっても航空展示でしょう。
主力の輸送機を始め、日米の主力戦闘機の航空展示があります。
一番の人が集まっているのは、やはりオスプレイ。

MV-22オスプレイ

横田基地 日米友好祭,オスプレイ

その他にも、航空自衛隊のF2戦闘機や、ステルス戦闘機F22ラプターなど最新鋭戦闘機に人が集まっています。
パイロットさんと一緒に写真を撮ってもらうこともできるので、思い出作りにいかがでしょうか。

横田基地 日米友好祭

横田基地 日米友好祭


20150920_021125281_iOS

見どころは戦闘機だけではありません。基地内のステージではロックバンドが演奏していたり、出店もあります。
出店では、アメリカ特有の特大ハンバーガーやバケツコーラも販売しています。また、定番のTシャツも売っていますよ。

横田基地日米友好祭

横田基地日米友好祭

横田基地 日米友好の行き方ガイド まとめ

例年、横田基地で行われる日米友好祭の生き方ガイドをまとめました。
横田基地は、在日アメリカ軍司令部と第5軍司令部がおかれ、アメリカ軍の極東おける主要基地でもあり、重要な兵站基地でもあります
国内でも最大級の日米交流祭と言えるでしょう。

基地内では、主要な輸送機を始め、最新鋭戦闘機も展示されており、軍事マニアだけでなく普通にカップルや家族連れも楽しめる催し物になっています。
当日は小さなお子さんのいる方は、暑さ対策さえしていれば問題なく楽しくこともできます。
今年は9月の連休と重なっています。是非、興味のある方は参加してみてください。