プッツン女優im→石原真理子のプッツンぶり。そもそもプッツンって?!

27f23c35
今月、『こんなところにあるあるが。 土曜 あるある晩餐会』という番組の中で、渡辺徹さんが共演NG女優について、イニシャルIMの「プッツン女優」と明かしています。
番組の中でイニシャルIMのプッツン女優の本名は明かしていませんでしたが、女優の石原真理子さんであることはネット住民でも周知のようです。
そもそもプッツンって何?石原真理子さんのプッツンぶりについて解説していきたいと思います。

渡辺徹さんがI.Mさんを共演NGにした経緯由

渡辺徹さんとIMさんをNGにした理由は次のとおりのようです。

渡辺徹さんがMCを務めていたフジテレビ系列「いきなり!フライデーナイト」という生放送番組で、IMさんが出演映画の宣伝のために出演したことがあるとのこと。
その時、渡辺さんが映画について質問を振ると、その女優はいきなり黙り込んでしまったそうです。
渡辺さんがそうしたの?とと首をかしげたところ、相手は「えーっ!? (私の映画)観てないんですかぁ?」と訴えとのこと。

そこで渡辺さんが、「じゃあ、アンタ、この番組は観たことあるんですか?」と聞いたところ、IMさんは「観てません」と答えたそうで、その返事に渡辺さんがブチ切れてしまい、「じゃあ帰れコラァ!!」と怒声を上げて、その女優を番組から追い出してしまったとのことです。

渡辺さんは、番組の中でIMさんのことを「プッツン女優」と言っていましたが、どちらかというと「ブッツン」なのは渡辺氏ではないのか、と突っ込みたくなりますが、そもそも「ブッツン」とは、いったいどういう意味なのでしょか。

「プッツン」とは

「プッツン」とは、Googleで調べると、「頭がおかしくなるさま、正常でなくなるさま。」とのことです。

「ブッツン」とは、脳の欠陥が切れる音で、我慢の限界を超えた状態というのが本来的な意味のようで、80年代に片岡鶴太郎のネタの一つとして広がりました。1986年には新語・流行語対象の流行語部門・大衆賞を受賞(受賞者は片岡鶴太郎)。
その後、90年代に入って「キレる」や「ブチ切れる」など何かの拍子に怒りが爆発するといった意味につながってきます。

しかし、一方で「頭の欠陥がきれたおかしい人」という意味で、正常とはちょっと違った人という意味でも使われています。
1987年フジテレビのドラマで『アナウンサーぷっつん物語』のタイトルはまさに「ちょっと変な人」という意味なのでしょう。

プッツン女優のIMさん「石原真理子」さんも、毎日キレまくっているというよりは、「ちょっと変な女優さん」だったようです。

そんな石原真理子さんのプッツンぶりを紹介していきます。

ぶっつん女優 石原真理子さんってこんな人

isihara
平成になってあまりテレビに出てないので改めて石原真理子さんについて解説していきます。

1964年2月4日東京都大田区田園調布生まれ。父親は白ロシア系、母親は真田幸村(!)の血を引く。敬虔なクリスチャン。
聖心女子学院初等科を経て同中等科・高等科在学中に、ドラマ「翔んだカップル」(1980年)に出演しデビュー。

その後、
1983年「ふぞろいの林檎たち」などを出演し、1980年代は清純派女優として人気を得ました。
その後、1990年代中頃と2002年(平成14年)前後に長期渡米。アメリカの大学で心理学・天文学を学び卒業。しばらく芸能界から遠ざかっていましたが、2006年にふたたび本格的に芸能界に復帰しました。
その間週刊誌が、石原真理子さんのブッツンぶりを色々取り上げています。私が見た、ブッツンぶりを紹介します。

石原真理子さんのプッツンぶり

1 自伝「ふぞろいな秘密」

石原真理子さんといえば、自身の全盛期である1980年代のことを中心に綴った自伝(暴露本)「ふぞろいな秘密」(2006年12月)。実際に交際した13名の芸能人が実名で書かれていることでかなり話題になりました。

実際に交際した言われる芸能人は次のとおり。
中井貴一、時任三郎、田原俊彦、玉置浩二、明石家さんま、石黒賢、
郷ひろみ、木村一八、吉川晃司、石原軍団2名、F1レーサー、イニシャルKの13名です。
(F1レーサーだけは、なぜかイニシャル。)

内容もセンセーショナルで、出版された翌2007年には映画化までされています。

しかし、最もプッツンぶりなのは、
2009年8月24日に放送された『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ)で、実はゴーストライターが書いたと本人が発言してしまったことです。
それにより、スマスマは打ち切りの危機に陥ったとか。

2 複数にわたる芸名の変更

石原真理子さんの芸名は、当初、「石原 真理子」でしたが、
その後、 石原 真理絵 → 石原 真理子 → 石原 真理→石原 真理子(アルファベット表示ではMARIEとする)と何度も変えています。

2003年ラスベガスでストーカー行為で逮捕されましたが、その時、霊能者に4000万円騙されたという話がありました。

芸名を変えるのは、霊能者に洗脳されている人が多いようです。もしかしたらいかがわしい人たちに洗脳されていたのかもしれません。

その他、実のお母さんと仲が悪かった。自治会費を横領未遂した。玉置浩二と復縁・破局、ブログがさらにプッツン。。。
などなど。

統合失調症の病気をしているなどの噂があります。
いつまでも芸能ニュースをにぎわせてくれる方のようです。