2016年転職市場の傾向と特徴 おすすめの業界と業種はずばりこれ!

ba707b45043e0d45c0d011944178e4d5_s

2016年転職市場の傾向と特徴 おすすめの業界と職種はずばりこれ!

いよいよ2016年が始まりました。毎年、この季節になると、あらゆる分野で人の移動が行われます。
その中で、4月1日採用を目指し、転職活動をする人が増えてきています。
最近の転職市場の傾向として、転職者の売り手市場と言われていましたが、2016年の転職市場の傾向はどのように予想されるのでしょうか。
おすすめの業界と業種を解説していきます。

2016年転職おすすめ業界・業種

2015年以来アベノミクス効果で景気が大きく回復してきました。また、東京オリンピック、クラウドなどの技術革新が経済をにぎわし、金融・建築不動産・IT系の業界がおすすめと言われています。

金融系

金融業は、アベノミクス効果の恩恵を最も受けており、特に2015年夏のボーナスは20%伸びており、上昇率は業界TOPクラスでした。
2016年もこの傾向は続くと予想されtれいます。
金融系の転職は未経験者は難しいと言われています。しかし、保険業界は常に慢性的な人で不足なので、保険業界から他の金融業界にキャリアステップをすることも考えられるでしょう。

IT・WEB系

IT系の業界も依然と好調が続いています。特にWEB系の職種は大きな売り手市場です。

業務システムでは、クライドを使った業務システムの構築が需要があります。
また、マイナンバー制の導入に伴った業務システムの開発需要も大きなものです。

さらに、ECビジネスも毎年売上が伸び、既存店を追いこす勢いです。
WEBショップの運営や、それに伴うマーケティング、SEOの知識など持った人は非常に重宝されるので、転職にも強いでしょう。

不動産・建築関係

2020年の東京オリンピック開催に伴い、2015年は不動産・建設関係の業種が非常に好調になりました。
そのため、慢性的な人手不足となっています。
ただ、不動産業の活況は、あくまでも首都圏を中心にしたもので、地方ではあまり活況ではないでようです。
また、東京オリンピック後の経済の冷え込みも予想されるので、不動産・建設業界には注意した方が良いでしょう。

2016年転職おすすめ業界・業種 まとめ

2016年転職市場の各業界の動向をまとめてみました。
2016年も依然と転職者の売り手市場と言われていますが、特に、IT系の業種はこれからも業績が期待できる会社が多いようです。
従来のシステムエンジニアの他に、マーケティングができる人材の需要が高まると予想されています。
一方、これまで業績の良かった金融・不動産はアベノミクスや東京オリンピック開催の要因もあるため、転職するには注意した方が良いようです。

参考サイト 転職成功法