アラフォー世代のための転職・副業・起業、働き方講座

cow121034516_tp_v

自由に働き方を選べる時代が到来!

当サイトにお越しいただきありがとうございました。
このサイトは、30代から40代のアラフォー世代の方のために、働き方について解説しているサイトです。

現在社会を取り巻く状況として、終身雇用の崩壊、非正規社員の増加など大きく変化してきています。
会社員として働く人にとってみれば非常に働きにくい時代でもあります。

その一方で、企業にとらわれない働き方も緩くなり、副業を許可する会社も増えてきています。
会社だけの名刺だけでなく、企業名も肩書もない自分の名前だけの名刺を作る人も現れ、名刺は2枚持つことが当たり前になりつつあります。
同時に、収入も、勤めている会社だけでなく、複数の収入源を持つ人も増えてきました。

ブラック企業・終身雇用の崩壊というネガティブな雇用環境ですが、逆に前向きにとらえることで自由に収入を増やすことが可能な時代になったのです。

しかし、一方でこの環境の変化に多くの方は気づいていながらも何をして良いか分からないという人がたくさんいます。
特に30代後半から40代前半のアラフォー世の中では、家庭を持ちながら、且つ低低所得で苦しんでいる人が大変、多いというのが実情です。

苦しむアラフォー世代

30代から40代の方の多くは結婚をし、子どもが一人か二人いるという人も多いでしょう。
企業では管理職につき始め、中間管理職として身を粉にして働いている人が大変多いと思います。

一方で、企業の昇進ピラミッドに外れた方はリストラという憂き目に合う人も増えているのではないでしょうか。
転職をして、自分よりも若い人が上司になったり所得も前の会社よりも下がってしまっている人もいると思います。

多くの企業では40代頃から昇給の上昇率が下がり、ほとんど横ばいの状態になります。
しかし、家計は、教育費など年々上がっていきます。
給料は上がらない、出費は増えるという余裕のない状態が続き、貯蓄すらままなりません。

アラフォー世代は働けば働くほど、苦しくなる状態が続きプレッシャーのためうつ病などの発症率も高まってきます。
実際に、男性の41歳は厄年と言われ、精神的にも肉体的にも変調をきたす年代でもあります。

まさにアラフォー世代は人生でも暗黒の時代といえるかも知れません。
このような苦しい世代の方が少しでも幸福に楽しく人生を送られたら良いと思いこのサイトを作りました。

特に人生の上で大きな割合を占める「働き方」
労働環境が大きく変わった今、アラフォー世代の働き方も大きく変わってきています。
現代のアラフォー世代の働き方にはどのようなものがあるのでしょうか。
働き方を考える前に、アラフォー世代に合った働き方を考えていきたいと思います。

アラフォー世代に合った働き方

1 自分の収入は自分で作り出すことを認識する。

これからの時代、サラリーマン収入の大幅な増加は望めないと思った方が良いでしょう。しかし一方で、社会保障などの税金、子どもの養育費などの支出が増えてきます。
何も手を打たないと、収入は横ばいもしくは減少しながら、支出は増加すると考えるべきです。
より給料の高い会社に転職するか、もしくは会社の給与の他に複数の収入減を確保する必要があります。

2 安定した収入源を探す。

収入を増やすといっても、FXや株式投資などリスクが大きいものは止めるべきです。
子どもがいる家庭は子どもの教育費、独身の方は老後の費用まで削ってしまうことになります。
リターンが多いものを希望してしまいますが、リターンが多い仕事ほどリスクが多いと認識しましょう。
それよりも、多少、リターンが少なくてもリスクの少ない働き方の方が長く安定的に稼ぐことができます。

3 時給単価を考え効率的な収入源を探す。

収入源を見つけたとしても、長い時間、手間がかかる上に報酬が少ししかない、というのは自分自身のモチベーションも上がりません。
その仕事をやる意義すらないでしょう。

仕事をするのであれば、その仕事の時給単価を考えましょう。そしてできるだけ時給単価の高い仕事をすることによって、より効率的に仕事をすることができます。

アラフォー世代の働き方の条件として、安定して効率的な収入源を複数持つことが大切なことです。
このような働き方が出来る仕事はどのようなものでしょうか。アラフォー世代にふさわしい働き方を考えていきます。

アラフォー世代にふさわしい働き方

安定して効率的な収入源を複数持つためには、どのような働き方が良いのでしょうか。

会社員は最高の安定した収入源

安定した収入源の一つに会社員というものがあります。
「今の時代、会社員程安定しないものはない」とよく言われますが、自分で起業するよりも安定して収入を得ることができます。
会社員のメリットとして、厚生年金など会社が負担して支払ってくれるものもあります。
個人事業主だと、所得税・健康保険など実は目に見えない出費は非常に多いです。これらの目に見えない出費を会社員であれば会社側で支払ってくれます。
安定した収入源を得るためには、会社員になるというのが最も良いと思います。

時給単価を考えた効率的な職場を選択する。

会社員が安定しているといっても、毎日、残業(しかもサービス残業)ばかりだと働く意味がありません。
たくさんの給料をもらっているはずなのに、時給単価が派遣社員よりも低い場合もあります。
その場合、敢えて時給単価の高い派遣社員や契約社員を選ぶというのも一つの選択肢ではないでしょうか。
時間きっちりに帰宅して、自分のもう一つの仕事に打ち込んだり、資格や自己啓発の時間にあてることもできます。

もう一つ、効率的な働き方として、自宅から会社までの通勤時間をできるだけ短くすることも大切です。
通勤時間が1時間から30分以内という人は、生活の幸福度が高いといわれています。

会社を選ぶのであれば、時給が高く通勤時間が短い会社を選びましょう。

余った時間をもう一つの収入源にする

残業がない、通勤時間も短い仕事の場合、家にいる時間も長くなります。
その時間を利用し、もう一つの収入源とします。

アルバイトをするのも良いと思います。
最近ではネット副業と呼ばれるインターネットを使った副業も盛んにおこなわれています。

ここでもやばり気をつけたいのは、安定して効率の良い仕事をするということです。

複数の収入源を更に効率的に運用し起業する

収入が安定してきたら、今度は自動的に収入が入る仕組み作りを考えましょう。
外注を頼み自分が動かなくて作業が進む方法や、安定した投資、著作などの権利収入など考え不労収入を増やして行くことで、更に収入も増えていきます。

アラフォー世代のための転職・副業・起業の働き方講座 まとめ

終身雇用が崩壊し現在のアラフォー世代の新しい働き方について解説してきました。

アラフォー世代の働き方で大切なのは、年代的にも収入が減り支出が増えていく年代でもあり、より安定して効率的に稼ぐということが大切です。
更に稼いだお金を自動的に収益を出すような仕組みづくりをすることで、より余裕のある生活を送ることができます。

お金は幸せな人生を送るための大切な要素の一つです。
そのお金をいかに生み出していくか、どうコントロールするか今後ともと情報発信していきたいと思います。

皆様が経済的自由を得て、幸せな人生を送れますよう祈念いたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る